いっちゃが!食べて痩せるブログ

ダイエットや健康、筋トレなどについて主に2ch記事をネタにして面白くご紹介するブログとなっております。

    筋トレ


    ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛えられる! - Newsweekjapan
    話題を呼んだ理由のひとつは、「ジム通い不要」「ダンベル不要」「プロテイン不要」と、近代的トレーニングに必須だと思われてきた要素をことごとく否定している点だ。 理由のもうひとつは、著者に何のインストラクター資格も学位もなく、それどころか「元囚人」であるという希有な事実 ...
    (出典:Newsweekjapan)



    (出典 piyoppinet.com)


    (管理人)
    元々、監獄内での筋トレになるので、引きこもりの人にも通じるものがあるようですね。

    1 しじみ ★ :2018/05/10(木) 17:14:08.63

    ■監獄で「自重トレーニング」を積み重ねた男は、関節やグリップ(握力)を疎かにしなかった――。
    元囚人による筋トレ本『プリズナートレーニング』続編が教えてくれること

    (出典 www.newsweekjapan.jp)


    昨年の夏、日本で刊行されて大反響となった『プリズナートレーニング』
    (ポール・ウェイド著、山田雅久訳、CCCメディアハウス)という本がある。

    話題を呼んだ理由のひとつは、「ジム通い不要」「ダンベル不要」「プロテイン不要」と、
    近代的トレーニングに必須だと思われてきた要素をことごとく否定している点だ。

    理由のもうひとつは、著者に何のインストラクター資格も学位もなく、それどころか「元囚人」であるという希有な事実である。

    度重なる薬物犯罪の過ちによって刑務所の入退を繰り返した末、著者が延べ約20年にわたる監獄生活で身につけたのは、
    おのれの体ひとつで、外見と機能ともに究極の肉体を創り上げる「キャリステニクス」、すなわち「自重トレーニング」であった。

    ■なぜ「グリップ(握力)」と「関節」なのか

    「人生100年時代」といわれるようになった昨今、世間で定着しつつある健康ブームの一環で、
    特に筋力トレーニングを始める男性が増えてきた。

    腹筋が6つに割れて見える「シックスパック」や、
    鍛え上げられた大胸筋や広背筋によって形成された「逆三角形」の上半身に憧れ、ジム通いを始める人も多い。

    しかし、『プリズナートレーニング』の著者、ポール・ウェイドが述べる事実は一貫している。


     ■もし次のような話を聞きたいなら、この本を読むと時間の無駄になる。

    ・ウェイトを挙げろ
    ・10レップス3セットが基本
    ・ストレッチしろ
    ・1日6回食べろ
    ・プロテインを飲め

     わたしはこんなことは言わない――実際、わたしが口にすることのほとんどが、
    現代のフィットネスシーンがアピールする内容とは真逆になる(だから、効果があるのだが)。

    これは、著者の新著『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』(山田雅久訳、CCCメディアハウス)からの一節だ。

    著者は前作『プリズナートレーニング』で、
    胸・肩・背中・腹・太もも・上腕の筋肉を自重トレーニングのみでバランスよく鍛え上げる方法を伝授しているが、
    この続編でわれわれに指南してくれるのは「グリップ(握力)」と「関節」の鍛え方である。

    率直に言うと、地味な印象をぬぐえない。見栄えのいい肉体を手に入れたい筋トレファンの心に、どれだけ刺さるのだろうか。

    しかし著者によれば、グリップや関節にまで気を配りながら鍛え上げることで、見せかけだけではない、
    真に強靱な体を創り上げることができるのだ。そして、そのセルフコントロールは、むしろ器具を使わないからこそ有効だという。

    ■どこのジムに行っても、バーベルを挙げる時の助けにするため、リストストラップとフックを使う男たちを見かける。
    "もっと" 挙げられるようになるからだ、と彼らは言うが、それは違う。確かに腕はその重量を挙げている。
    しかし、手にはその重量を挙げる力がない。つまり、実際には挙げていない。
    肉体的な能力を解き放つのにストラップやフックがいつも必要だとしたら、それはおかしな話になる。
    ニセモノの習慣をつくるし、強さだって見せかけだ。(30~31ページ)

    ある道具やシステムの「強度」を考えるとき、基準とすべきなのは最も弱い部分である。
    著者によれば、「どんなシステムでも、たとえそれが単純なチェーンであっても、
    もっとも弱い連結部分がそのチェーン全体の強さを決める」のだ。

    著者は長い刑務所生活で何度もケガを負ったらしいが、トレーニングが原因の大きな負傷は一切ないという。
    おそらくは彼が、体の中で最も弱い部分となりやすいグリップや関節を、意識的に鍛えていた成果だろう。

    ニューズウィーク日本版
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/05/post-10132.php


    【【引きこもり特効】囚人筋トレで安全に身体を鍛えられると話題に!】の続きを読む


    体の柔らかい女性向け? ヨガを巡る「5つの誤解と真実」 - Forbes JAPAN
    ヨガは柔軟性を高め、体を強くするために最適な方法だ。だが、初めから体が柔らかい人しかできないというわけではない。シカゴを拠点に活動するヨガ講師でライターのE. Ce ミラーは、アーサナ(ポーズ)の練習はヨガの歴史や伝統から見て、そのごくわずか一部をなすものでしか ...
    (出典:Forbes JAPAN)



    (出典 tomy-blog13.com)


    【管理人から一言】
    筋トレする前にはストレッチで体をほぐしておかないといけませんね。

    1 無記無記名 :2018/03/27(火) 14:29:59.45 ID:QgnP/WJO.net

    いわゆる筋肥大目的のウエイトは絶えず筋肉を収縮させた状態で回数を行うため筋肉が硬くなるといわれ、それを禁じたり放棄して自重や棒などの簡単な道具を使う程度に切り替えるアスリートや格闘家は多い。
    ガリガリのヨガマスターなみの柔軟性を持てる筋トレ、或いは筋肉の質、筋肉量について考えよう。


    【柔軟性を損わない筋トレを考える】の続きを読む


    自分を変えて目標達成できる人と、絶対に変われない人の差とは?=上野啓樹 - まぐまぐニュース!
    例えばジムで筋トレをするにしても、道具を大切に扱うかどうか? これが内面を表面化しています。 シューズの踵を踏んで履いたり、ダンベルを放り投げたり、足で扱ったり…。こんな人は筋肉がついたとしても充実感はないでしょうし、内面から出る負のオーラがその人の評価を ...
    (出典:まぐまぐニュース!)


    【目指してるものがないと筋トレしたらいかんのか!】の続きを読む


    「細マッチョ」目指す50代 筋トレのポイントは? - 日本経済新聞
    風呂上がり、鏡に映った我が身(59)を見て驚いた。筋肉が落ち、弱々しい体になっている。ダイエットのせいか、加齢のためか。筋肉が減ると見栄えが悪いし、身体機能の低下につながる。筋肉をつけたい! 手っ取り早く筋肉をつけるには、筋肉トレーニングが必要だろう。だが、筋 ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 www.kyoto-nakamaru.com)


    (管理人から一言)
    筋肉が邪魔して一つ一つの動きが鈍くなるんでしょうかね。

    11 名無しさん@涙目です。 :2018/05/04(金) 20:05:26.56 ID:uLrd7ABH0.net

    ボクサーの試合前の準備が理にかなってんじゃないの


    【筋肉を付けてゆくと全ての動作が鈍くなる事実】の続きを読む


    松本人志、極秘の筋トレ法「松ザップ」を公開!体の80%が筋肉に - RBB TODAY
    ダウンタウン・松本人志が、22日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、日ごろから行っている筋トレ法について語った。 この日は先日、パーソナルダイエットプログラム「ライザップ」に挑んだ女優・佐藤仁美が登場。彼女は約3か月で、体重12キロ減、ウエストも20cm減に成功 ...
    (出典:RBB TODAY)



    (出典 miyabiki.com)


    (管理人から一言)
    オリジナルの筋トレ法「松ザップ」でひそこに肉体改造しているようですね。

    芸能人はジムなんかで健康維持の目的で鍛えている人は多くいるようですしね。

    1 ストラト ★ :2018/04/22(日) 15:26:04.58 ID:CAP_USER9.net

    「ダウンタウン」の松本人志(54)が22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で鍛え上げた驚異の肉体を明かした。

    番組にはRIZAP(ライザップ)の新CMで約3か月間で12・2キロ減量した女優の佐藤仁美(38)がゲスト出演。
    体重は61・6キロから49・4キロに。
    ウエストは20・5センチ減、体脂肪率は10・5%減を達成したが「前回、ワイドナショーに出させていただいた時、すでにちょっと体重が落ちていたんです。興味なかったんでしょうね。誰も何も言ってくれない」とし「その後も松本さんに会っているんですよ。興味なかったんでしょうね。何も言ってくれない」と突っ込んで笑わせた。


    これに松本はリバウンドを心配し「がんばらないと。松ザップはすごいですから」と朝日放送で放送している「松本家の休日」で披露した自身が考案した「松ザップ」と呼ぶトレーニングに触れた。

    それによると、メニューはベンチプレス135キロを3回、チェストプレス55キロを15回、クランチベンチ15回を3セット、ラットマシン85キロを15回で「これを誰にも言われず、一人でやっている。独房で終身刑みたいなもん」と笑わせた。

    さらに、自身のツイッターで披露した上半身裸の写真を公開。
    この写真に佐藤が「乳首の位置がおかしいじゃないですか。すごい下向き。どこにあるんだろう」と驚くと松本は「エレベーターに乗ってて、嫁が毛玉やと思って、これをつまんだのよ。あまりにも下にあるから。エレベーターに乗ってて嫁に乳首つままれたから、どうしたんやって。ごめんってなって、娘大爆笑」とスタジオを笑わせた。

    その上で現在の肉体が体重67・4キロ、体脂肪率16・6%、筋肉量53・3キロ、約80%が筋肉という数値を公開し出演者を驚かせていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000083-sph-ent

    「ワイドナショー」 松本人志

    (出典 pbs.twimg.com)


    松本人志

    (出典 pbs.twimg.com)


    【松本人志、お笑い筋肉衰えるも、身体の80%筋肉】の続きを読む

    このページのトップヘ